獨協医科大学

獨協医科大学越谷病院

報告者氏名:宮平美代子

H28年度
国公私立大学病院副看護部長研修

担当業務を通し主任の意識改革をめざした人材育成

[概要]
当院は開院33年を迎える獨協医科大学の分院である。看護師の経験知は高く職位では主任・副主任が39名と23名の師長がおり部署・部門は23に渡っている。教育では関連病院共通のラダーが組み立てられて実践教育が実施されている。平成29年の外科系病床の増床や周産期センター開設に向けて看護スタッフや管理者の育成が急務になっている。教育センター(SDセンター)を中心に関連病院の教育体制は整いつつあるが、OJTを担う中間管理職の期待役割が広範囲にわたり昇格システムが計画的に実施されていない現状があり、看護部の求める管理者のあるべき姿に到達されていないと看護部では懸念を抱いている。本来主任に対して求めるあるべき姿に向かうべき看護部として管理に係る主任管理者育成を担っていくことが必要である。副部長として担当業務を指導し、主任個々の能力を開発し期待役割を果たすようかかわってきた。年度末評価で意識改革に影響を与えたかアンケート調査を実施し、結果92%の主任が気づきを得られたと答えている。その結果意識改革の一助に結びついたと考える。これらの課題達成に向けた経過を報告する。

PDFファイルを開く