藤田保健衛生大学

藤田保健衛生大学病院

報告者氏名:藤田千鶴

H28年度
国公私立大学病院副看護部長研修

倫理コンサルテーションチームの立ち上げと職員への周知

[概要]
当院には臨床倫理委員会があり、1)未承認および適応外の医薬品・医療機器の臨床使用 2)新規手術および何らかの問題がある臓器移植の臨床的適応 3)その他の臨床の諸問題を申請することで審議されている。しかし、患者に関わる倫理問題の審議は、わずかな件数であった。臨床倫理委員会は、専門性の高い教授および各部の部長で構成され、病院としての態度を決定する場である。現場の職員が、日常的に遭遇する倫理的問題を相談する場としては敷居が高く、タイムリーな対応とフィードバックを受けられない。現場には日常的に遭遇する倫理的な問題が多く潜在しているにもかかわらず、相談し適切な支援を得られる窓口がない。そこで、臨床倫理委員会の下部組織として倫理コンサルテーションチームを立ち上げた。平成28年9月に発足し職員への周知活動を行い、5ヶ月で14件の相談件数があった。

PDFファイルを開く