久留米大学

久留米大学病院

報告者氏名:國武栄子

H28年度
国公私立大学病院副看護部長研修

看護管理体制の強化に向けての副主任看護師制導入

[概要]
医療情勢の変化の中、看護管理者は変革を余儀なくされる状況にあり、心身ともに負担が大きくなっている。看護師長・主任看護師は、業務に追われ、自部署の看護の質の向上やスタッフの育成など、本来の役割を十分に取り組めない状況があり、ジレンマを感じている。今回、看護管理体制強化を目的に副主任看護師制を導入し看護管理体制の見直しを図るとともに、次世代の看護管理者を目指す者にどのような教育支援が必要か明らかにし、次期看護管理者育成のための教育体制(支援・研修)を整え、変革に対応できる活力に満ちた看護管理者を育成したいと考えた。
看護部が安定した医療の供給のために病院経営に貢献し、医療情勢の変化に応じて変革を遂げることができる組織であるために看護管理体制の強化は急務であることを看護師長全員で共通認識し、副主任制導入を決定した。その後、上部組織への上申し、副主任看護師制の導入・各部署の副主任看護師数について承認を得、看護部の組織及び業務細則の変更に至った。主任看護師は副主任看護師制について意見交換会をおこない、導入の意義について前向きな意見が聞かれた。
副主任看護師に対して、看護管理者を目指していく中で必要な教育を検討し、集合教育とOJTの教育計画を立案した。今後は、教育プログラムの評価を行うとともに各部署における業務分担や協働の状況を把握し、各部署での管理体制強化のための課題を明らかにしていく必要がある。

PDFファイルを開く