千葉大学

千葉大学医学部附属病院

報告者氏名:久保悦子

H20年度
国公私立大学病院副看護部長研修

看護師による末梢静脈留置針挿入の実施に向けて

[概要]
本院では、「医師及び医療関係職と事務員等との間等での役割分担の推進について」(平成19年12月28日厚生労働省医政局長通知)に基づき、その役割分担のあり方について、病院全体での検討がなされてきた。この中で特に看護部に関連が深い事項として、末梢静脈留置針挿入については「医師、看護師が行う」ということが、方針として決定されたことを受け、業務担当副部長として、看護師による末梢静脈留置針挿入の実施に向けて、看護部と関連の委員会と連携を密に持ち、安全・安心な医療の提供できるよう本課題に取り組んだ。

PDFファイルを開く